つむじが薄い女性へ!私の5年分の薄毛改善法をまとめました

つむじが薄い女性向けブログ。薄毛改善法をまとめたブログです。

*

病院の治療は薬だけでいい?他は必要?そんな悩みを徹底解消

   

病院での薄毛治療は、お金が本当にかかります。

毎月1万円で済むことはなく、最低でも20,000円ほど。

医師の言われるがままにあれもこれもと、色々行うと「薄毛の為に毎月7万以上の支払い…」なんてこともありえます。

そこで、何が最低限必要で、何が必要ではないか、わたしなりにまとめました。

(絶対に必要・必要ではないというわけではありません。必ず医師と相談してください。)

知っておくべき予備知識治療で必須なもの

医薬品

コレが基本的にベースとなるでしょう。

必須となるものは、一つ。ミノキシジル。

どこの病院へいってもまず、ミノキシジルを処方されると思います。

現状、発毛させて毛を増やせるものはミノキシジルしかありませんので。

ミノキシジルは必須ですので処方してもらいましょう。

外用より、内服のほうが数倍効果があります。が、副作用も数倍になります。

(外用薬では、ほとんど回復しないのでは?と思うのは、ミノキシジル配合育毛剤リアップを使ったわたしだけかな?)

ちなみに、ミノキシジルは発毛促進のみの作用しかなく、脱毛抑制作用はありません。

そこで、ごく稀にですが、スピロノラクトンという薬を処方する病院があります。

男性ホルモン抑制作用のあるスピロノラクトン

スピロノラクトンとは、主にニキビ治療に扱うお薬で、男性ホルモンの活発化を防ぐ作用があります。

ニキビは男性ホルモンが活発に動くことで、皮脂腺から皮脂が多量に分泌させ、毛穴を詰まらせることで起こります。

抜け毛も同様で、男性ホルモンが活発化し、脱毛因子を分泌させることで引き起こされるんです。

男性ホルモンを、スピロノラクトンで抑制すれば脱毛も抑制できるということなんです。

必須なものは以上。

ミノキシジルと、副作用が大丈夫そうならスピロノラクトン。これだけで十分です。

その他の治療法は高すぎるし、ミノキシジル以上の効果は望めません。

とにかくやってみたいという人向けなんでしょうね。

薬のみの治療法であれば、毎月2万円以内に収められると思います。

そこまで必須じゃないもの。やってみたい人のみ

・メソセラピー
・プラセンタ注射
・クリニックオリジナルシャンプー

コレはいらないかな。

メソセラピーってなに?

ミノキシジル+成長因子配合の薬剤を頭皮の毛細血管に直接注射する方法。

最近になってやり始めた病院もでてきたようですが、わたしは必要ないと思います。

まずは、薬だけにして、それでも全く回復しなかったらやってみるというのがいいと思います。

髪の毛成長を司る成長因子を、直接届ける方法はメソセラピーしかないので。

やってみてもいいですが、ただ一回50,000円っていうのが…。

一回3,000円くらいなら毎週通いますよ(笑)

効果があるかどうかは不明らしいのですが、薬でダメなら。。。これしか方法はなさそうです。

プラセンタ注射って?

メソセラピー療法と同様、頭皮に注射する方法。中身がプラセンタなだけ。

「プラセンタの中には、成長因子がたくさん」と良く効くのですが、EGF研究機関によると、

プラセンタには成長因子が本当に微量しか存在しないらしいんです。

EGF研究機関は成長因子EGFを開発した機関なので、信憑性は間違いないと思います。

プラセンタを注射するくらいなら、メソセラピーのほうが絶対良いんですよね。

メソセラピーもプラセンタも結局、毛根部分に成長因子を注入することが目的ですから。

成長因子が入ってるかわからないようなプラセンタより、メソセラピーのほうがいいに決まってます。

クリニックオリジナルシャンプー

本当に、必要無いです。丁重にお断りしてください。

毛穴が詰まっても抜け毛にはなんの影響も無いって医者も知ってるはずなのに、「このシャンプーを使えばより発毛しやすい環境になりますよ!」なんて言い出したら、即帰りましょう。

シャンプーなんてね、なんでも良いんです。

どんなに、いろんな成分が成分が入っていようと、毛乳頭まで浸透しませんから。

地味に、3,000円とか手の届きそうなものでも、やめていいです。

3,000円だせるなら、低刺激・アミノ酸洗浄成分のシャンプーを数本買ってください。

いらないという勇気を!

「皆さんにオススメしてるんです。」

とか言われて、あれもこれもと、いろんなものを付けてくる。

まあ、病院も半分ビジネスですから、それはしょうがないです。

皮膚科などといった健康保険が使える場所の場合は、国から7割支払いがありますからね。

でも自由診療で保険が使えない場合は、患者から取るしかありません。それはどこ言っても一緒。

自分が欲しくない or お金が無いのなら断りましょう。

借金してまでやることはありません。

自分が払える範囲ないで、「やったほうが良さそうかな?」って思うならやるべきです!

ミノキシジルとか医薬品は絶対必須なので、いらないからって断っちゃダメですよ!

成長因子で選ぶのが基本!女性用育毛剤ベスト10

薬用ハリモア

リピート率94.6%を誇る隠れた逸品、育毛剤ハリモア。
25種類もの天然成分を配合し、業界トップクラスの15種類もの添加物の排除を実現。
頭皮に合わなかったときには30日間であれば、全額返金可能。

一見、頭皮に優しいだけのただの無添加育毛剤に思えますが、全くの誤解。

発毛にかかせない「成長因子促進成分」をはじめ、抜け毛の原因である「男性ホルモンの抑制作用」のある成分を配合。
人気育毛剤の殆どが、「抜け毛予防だけ」「発毛促進だけ」の育毛剤。でもハリモアは違います。

「脱毛予防+発毛促進」の2つを兼ね備えたスペシャルな育毛剤だったんです。

合わなかったら返金されるし、定期購入(初回は半額)はいつでも解約OK。

ノーリスクな育毛剤なので、絶対に一度は試しておくべき育毛剤ですね。価格も成分も文句なし!

ミューノアージュ

発毛率90%以上を誇るHARG療法を行っている皮膚科医監修のミューノアージュ。
「生える力」に着目した育毛剤で、成長因子に似た作用を持つ成分を配合。

ミューノアージュは1剤30ml・2剤30mlの2本で使用するという大変めずらしい育毛剤。

1剤で成長を促し、2剤で頭皮環境の悪化を防ぎます。

ただ一つ気になるのは、ミューノアージュは発毛促進のみというところ。

5種類の有効成分が配合されていますが、男性ホルモン抑制成分はほぼ無いに等しいのです。

男性ホルモン抑制は絶対に必要なことです。抑制しない限り、進行は衰えません。

マイナチュレ

安さでNo.1のマイナチュレ育毛剤。
まさかの初回980円ですから、お得感は凄まじいです。さらに、返金保障は太っ腹の180日間。合計で6本まで返金してくれるんです。
中身もなかなかで、配合成分も27種類と豊富。さらには10種類のアミノ酸も配合しています。

ただ、配合成分を見ると「マイナチュレは価格だけなのかな?」と感じてしまうかも。

発毛促進させる成長因子は無く、男性ホルモン抑制成分くらいしか育毛に必須な成分が入っていないんです。

男性ホルモン抑制のみでは、回復はなかなか難しいかと思われます。

 - 女性の脱毛専門クリニック, 育毛の疑問