つむじが薄い女性へ!私の5年分の薄毛改善法をまとめました

つむじが薄い女性向けブログ。薄毛改善法をまとめたブログです。

*

10月から育毛・薄毛対策を始める人が多い理由

      2017/09/04

october_ikumou_reason_001

10月と言えば、育毛を始める人が多くなる季節。

実際、私もこの時期、か・な・り「薄毛」が気になりだします。

統計的にも、10月~11月にかけて「薄毛が気になる」という人の割合が多いみたいです。

今はもうコメントは受け付けていないのですが、昔はこの時期になると、よくコメントで相談されました。

スポンサーリンク

10月に薄毛が気になりだす理由

october_ikumou_reason_002

昔から言われている「抜け毛が多くなる季節」というのもありますが、人恋しくなって婚活率の上がる季節でもあり、風が強く吹く日が多くなるので、髪型が崩れ薄毛があらわになってしまい辱しめにあう季節でもあるんです。

そういった理由から、髪の毛をみる機会が増え、普段気にしないようなところも目についてしまい、薄毛が気になってくる。ということなんです。

※ちなみに私は、人恋しくなったし、せっかくスプレーでガッチガチに固めたのに、風で髪型崩れて薄毛があらわになってました・・・(´;ω;`)

先ほどの「抜け毛が多くなる季節」というのは、一説によると、夏の紫外線による頭皮ダメージが今になって影響を及ぼしてしまうからなんだそうです。

秋の抜け毛増加の理由

summer-touhi-hiyake_001

紫外線を浴びると、頭皮は日焼けします。

※ただし、フサフサの人は、髪の毛に守られているので、基本的に日焼けはしません・・・(うらやましい(´;ω;`))

日焼けすると、頭皮は炎症します。

頭皮が炎症しているのに、ケアしなかったり、そのまま日焼けし続けてしまうと、毛穴まで炎症してしまいます。

毛穴にまで、炎症がおよぶと髪の毛の生成に影響を及ぼし、徐々に髪の毛は細くなっていきます。

本当なら成長しなければならないのに、この時すでに髪の毛は成長を止め、抜け毛の準備に入ってしまいます。

その抜け毛の準備期間(退行期)が2週間から3週間。

その後、抜けるという仕組みになります。

時系列で行くと、


8月ごろに炎症を起こす。そのまま放置。+さらに日焼け、ケアしない。
9月ごろに退行期に入る
10月ごろに抜ける。

そのサイクルが早い人もいれば、遅い人もいると思いますが、秋の抜け毛はこんな感じです。

10月から育毛を始めたほうが良い理由

october_ikumou_reason_006

実は、10月に薄毛が気になりだすのは、「いいこと」・・・というか「気にするべき時期」なんですよね。必然です。

10月から育毛を始めた方がいい理由は、イベントごとの多い12月や1月までに何とか薄毛を目立たなくさせれるギリギリの期間だからです。(私見)

会社、プライベートなど、数々の忘年会、クリスマス、年末、正月、新年会など、飲み会だらけ・・・。

そして出会いの場でもあり、髪の毛を多く晒す場でもあります。

年末までは2か月。
1月までは3ヶ月。

もちろん、2か月~3ヶ月で発毛させることは不可能です。
しかし、根本からボリュームアップさせ、ペシャっとつぶれがちな髪の毛をふんわりさせることは、十分に可能な期間と考えられます。
(私の経験から言って)

↓シナリオはこうです。

忘年会に間に合わす!2ヶ月間徹底育毛プラン

october_ikumou_reason_004

1. 育毛剤によって、抜け毛を抑え根本を太くしハリのある髪にする。

2. 食生活の改善によって、皮脂量を抑制し、頭皮のべたつきを軽減。そこに+タンパク質を多めに摂取し、髪の栄養補給。もちろん亜鉛やビタミン類の摂取も忘れずに。

3. 仕上げに、半身浴で頭皮の毛穴をかっぴらいてからの、ボリュームアップシャンプーでふんわり実感。

4. プラス、定期的な運動。(ついでにシェイプアップ効果も!実は冬の寒い時期の方が運動して痩せやすいんですよ!!)

これを2ヶ月~3ヶ月徹底してやれば、忘年会などの行事ごとに間に合うかもしれないんです!!

もちろん、人によってできるできないはありますが、やってみないと結果は見えてきません。

使用するもの

<育毛剤>


▲ハリモア

もちろん、他の物でも構いません。
私は自己分析した結果、他の育毛剤より成分的に格段に上ですし、使ってみて自分に合っていたのでハリモアをを使用しています。

ビタミン剤


▲ディアナチュラの亜鉛配合のビタミン剤。
これだけで亜鉛も摂取可能なんです!

シャンプー

remayu_01

ご自分に合っているなら何でもOKです。薬局で売っているようなボリュームアップシャンプーでOK。ただ、痒くなったりするのは絶対にNG。
あとは、シャンプー前に半身浴をして、頭頂部から汗をかくと、毛穴が開き、汚れがキレイに落ちやすくなります。
より髪の毛がピンと張りますよ。

運動

october_ikumou_reason_005

ジョギング、ウォーキングなんでもいいです。とにかく運動は定期的にやりましょう。髪の毛は細胞分裂をして伸びていきます。運動をすることによって、細胞は活性化されます。髪の毛に

直接いいというわけではありませんが、運動をしないで「抜け毛が治まらない」「薄毛が治らない」とクヨクヨしているより、全然マシです。

体にとって、マイナスになることは絶対にないので継続するべきです。

まとめ

10月に育毛をやったほうがいい理由ですが、その理由は人それぞれ。

私は、恋人も欲しかったのもそうですし、風のせいで髪型がくずれ薄毛があらわになったが何回もあったので、そろそろ本気でヤバイと思ったのが理由です。

おそらく薄毛の方、9割以上が秋や冬が嫌いなはず、だからこそ、今すぐ育毛を開始すべきなんですよね。

「あの時やっておけば・・・」とならないようにしたいですね。

成長因子で選ぶのが基本!女性用育毛剤ベスト10

薬用ハリモア

リピート率94.6%を誇る隠れた逸品、育毛剤ハリモア。
25種類もの天然成分を配合し、業界トップクラスの15種類もの添加物の排除を実現。
頭皮に合わなかったときには30日間であれば、全額返金可能。

一見、頭皮に優しいだけのただの無添加育毛剤に思えますが、全くの誤解。

発毛にかかせない「成長因子促進成分」をはじめ、抜け毛の原因である「男性ホルモンの抑制作用」のある成分を配合。
人気育毛剤の殆どが、「抜け毛予防だけ」「発毛促進だけ」の育毛剤。でもハリモアは違います。

「脱毛予防+発毛促進」の2つを兼ね備えたスペシャルな育毛剤だったんです。

合わなかったら返金されるし、定期購入(初回は半額)はいつでも解約OK。

ノーリスクな育毛剤なので、絶対に一度は試しておくべき育毛剤ですね。価格も成分も文句なし!

ミューノアージュ

発毛率90%以上を誇るHARG療法を行っている皮膚科医監修のミューノアージュ。
「生える力」に着目した育毛剤で、成長因子に似た作用を持つ成分を配合。

ミューノアージュは1剤30ml・2剤30mlの2本で使用するという大変めずらしい育毛剤。

1剤で成長を促し、2剤で頭皮環境の悪化を防ぎます。

ただ一つ気になるのは、ミューノアージュは発毛促進のみというところ。

5種類の有効成分が配合されていますが、男性ホルモン抑制成分はほぼ無いに等しいのです。

男性ホルモン抑制は絶対に必要なことです。抑制しない限り、進行は衰えません。

マイナチュレ

安さでNo.1のマイナチュレ育毛剤。
まさかの初回980円ですから、お得感は凄まじいです。さらに、返金保障は太っ腹の180日間。合計で6本まで返金してくれるんです。
中身もなかなかで、配合成分も27種類と豊富。さらには10種類のアミノ酸も配合しています。

ただ、配合成分を見ると「マイナチュレは価格だけなのかな?」と感じてしまうかも。

発毛促進させる成長因子は無く、男性ホルモン抑制成分くらいしか育毛に必須な成分が入っていないんです。

男性ホルモン抑制のみでは、回復はなかなか難しいかと思われます。

 - 女性の為の育毛講座, 育毛コラム