つむじが薄い女性へ!私が薄毛を改善させた方法をまとめました!

つむじが薄い女性向け。薄毛改善法をまとめたブログです。

*

女性の薄毛も男性ホルモンを抑制させないとダメ!その理由とは?

      2017/09/06

薄毛を改善させるには、髪の成長を促すのも大切ですが、

抜け毛の原因である、男性ホルモンも抑制しなければ、髪が増えても減少は止まりません。

男性ホルモンの抑制については、植毛の専門家である、ヨコ美クリニックの医師はこう述べています。

スピロノラクトンは、30年以上前から使用されている利尿剤ですが、抗男性ホルモン作用によって、 多毛症やニキビの改善への有効性が証明されており、この他にFAGAへの発毛効果も報告されています。

スピロノラクトンとは、重症のニキビ患者処方させる薬であり、短期間でニキビを緩和させてくれる、かなり強い薬です。

そのメカニズムがニキビの原因である、男性ホルモンを抑制し、ニキビの発生を抑える言うもの。

そのスピロノラクトンのメカニズムを利用して、薄毛治療に利用し成功したというわけなんですね。

どれくらい改善したのかは書かれていいませんが、男性ホルモンを抑制することで薄毛に効果があるということは間違いないんですね。

スピロノラクトンはどこでもらえるの?

重度のニキビであれば、医者が処方してくれるでしょう。

しかし、薄毛治療で処方してくれるところは、まずありません。

理由は、ニキビは短期間の服用で住みますが、薄毛はかなり長期間服用しないといけないからです。

先程のヨコ美先生もこう述べています。

発毛を目的として服用する場合には、利尿剤としての用量の1/4~1/8と少量なので副作用はほとんど 心配ないともいわれますが、高カリウム血症など、電解質のバランスを乱す可能性があって、 副作用のリスクと効果のメリットをはかりにかけると、その使用に反対する専門医は少なくありません。

ニキビは治れば薬をやめますが、FAGAの場合は長期にわたり使い続けるものですから、積極的には勧めにくいわけです。
その他、生理不順や男性胎児の女性化などの副作用があり、避妊が必要だとされています。

※注
FAGAとは・・・女性型脱毛症のこと。つむじ・分け目・頭頂部の薄毛。全体的な薄毛は含まれない。

高カリウム血症・・・血清中のカリウム濃度が高い状態であり、電解質代謝異常症のひとつ。症状としては、嘔吐などの胃腸症状、しびれ感、知覚過敏、脱力感などの筋肉・神経症状、不整脈などが主な症状。カリウム値が既定値を超えると危険な「不整脈」が現れ、心停止(突然死)の危険性が生じます。

その他、生理不順や男の子の赤ちゃんの女性化などがあリ、今後子供がほしいと思う方の避妊は必須。

副作用の内容としては、かなり危険な部類といえるでしょう。

薬による男性ホルモン抑制は効果はあるが危険すぎる。じゃあ別の方法は?

スピロノラクトンのような薬の代わりになるものはありません。

あったとしても、「薬」なので、必ず副作用がついてきます。

ホルモンに作用する薬は、ホルモンバランスによっていろんな病気を引き起こすので、むやみに服用しないほうが良いでしょう。

別の方法としては、亜鉛の摂取。

男性ホルモン抑制作用のある亜鉛

亜鉛には、男性ホルモンを抑制する作用があると言われており、女性も薄毛改善のために、亜鉛を積極的に摂取している方はかなり多く、育毛剤メーカーもサプリメントとして販売もしています。

亜鉛は食事で摂取するのは、かなり難しく、豊富に含まれているのは牡蠣くらいです。

なので、女性の多くはサプリメントで補っているんですね。

育毛サプリメントについては、下記ページで評価・比較しています。

気になる方は参考になるかと思います。

サプリメント以外の方法

あとは、ジオウ・シャクヤク・ヒオウギなどといったエキスを配合した育毛剤です。

サプリメントは、脱毛予防の補助的な役割ですが、育毛剤の場合、髪の成長を促進もプラスされるので、まずは育毛剤からがいいでしょう。

徹底的に、薄毛改善したいのであれば、サプリメントもプラスする。といった具合。

ちなみにシャクヤクはニキビ用の漢方薬に使用されるほどのエキスで、女性用育毛剤ではハリモアにしか配合されていません。

マイナチュレやベルタにも、ヒオウギなどが配合されていますが、漢方に使用されるほどではないようです。

どの育毛剤にどんな男性ホルモン抑制作用のある成分が配合されているかは、こちらの育毛剤比較一覧表をご覧ください。

この記事のまとめ

1.男性ホルモンの抑制は必須

2.スピロノラクトンには男性ホルモン抑制効果がある

3.スピロノラクトンは副作用の危険性が高い。長期の服用はNG

4.男性ホルモンの抑制は、長期間可能なもの。つまり食事・サプリメント・育毛剤がおすすめ

成長因子で選ぶのが基本!女性用育毛剤ベスト10

薬用ハリモア

リピート率94.6%を誇る隠れた逸品、育毛剤ハリモア。
25種類もの天然成分を配合し、業界トップクラスの15種類もの添加物の排除を実現。
頭皮に合わなかったときには30日間であれば、全額返金可能。

一見、頭皮に優しいだけのただの無添加育毛剤に思えますが、全くの誤解。

発毛にかかせない「成長因子促進成分」をはじめ、抜け毛の原因である「男性ホルモンの抑制作用」のある成分を配合。
人気育毛剤の殆どが、「抜け毛予防だけ」「発毛促進だけ」の育毛剤。でもハリモアは違います。

「脱毛予防+発毛促進」の2つを兼ね備えたスペシャルな育毛剤だったんです。

合わなかったら返金されるし、定期購入(初回は半額)はいつでも解約OK。

ノーリスクな育毛剤なので、絶対に一度は試しておくべき育毛剤ですね。価格も成分も文句なし!

ミューノアージュ

発毛率90%以上を誇るHARG療法を行っている皮膚科医監修のミューノアージュ。
「生える力」に着目した育毛剤で、成長因子に似た作用を持つ成分を配合。

ミューノアージュは1剤30ml・2剤30mlの2本で使用するという大変めずらしい育毛剤。

1剤で成長を促し、2剤で頭皮環境の悪化を防ぎます。

ただ一つ気になるのは、ミューノアージュは発毛促進のみというところ。

5種類の有効成分が配合されていますが、男性ホルモン抑制成分はほぼ無いに等しいのです。

男性ホルモン抑制は絶対に必要なことです。抑制しない限り、進行は衰えません。

マイナチュレ

安さでNo.1のマイナチュレ育毛剤。
まさかの初回980円ですから、お得感は凄まじいです。さらに、返金保障は太っ腹の180日間。合計で6本まで返金してくれるんです。
中身もなかなかで、配合成分も27種類と豊富。さらには10種類のアミノ酸も配合しています。

ただ、配合成分を見ると「マイナチュレは価格だけなのかな?」と感じてしまうかも。

発毛促進させる成長因子は無く、男性ホルモン抑制成分くらいしか育毛に必須な成分が入っていないんです。

男性ホルモン抑制のみでは、回復はなかなか難しいかと思われます。

 - サプリメント, 亜鉛, 女性の為の育毛講座, 育毛の疑問