つむじが薄い女性28歳。5年分の薄毛改善法まとめ【写真有】

つむじが薄い女性向けブログ。薄毛改善法をまとめたブログです。

*

女性の薄毛は遺伝するの??実はゼロではないらしいんです

      2017/09/06

woman-usuge-iden_001

女性の薄毛は遺伝とは関係ないと言われていますが、実は一部の方には遺伝が関係している可能性があるんです。

関連:生まれた時から薄毛・幼い頃から髪が薄いのは治らないのか?

女性の薄毛と遺伝

woman-usuge-iden_002

遺伝が関係していると言われているのは、主に女性男性型脱毛症の方です。

女性男性型脱毛症とは、男性のように男性ホルモンが原因で引き起こされる脱毛症で、薄毛女性の数パーセントの方が発症していると言われています。

→ 女性男性型脱毛症とは?原因とその対策

男性ホルモンが原因というのは、男性ホルモン(テストステロン)の分泌量が多いわけではなく、DHT(ジヒドロテストステロン)という「強力な男性ホルモン」が多く作りだされてしまうからなんです。

作り出されたDHTは毛乳頭付近に存在する、「アンドロゲンレセプター」といわれる器官に、刺激を与え、脱毛因子の発生、発毛因子の分泌を抑制してしまうのです。

脱毛因子は抜け毛を促進させ、発毛因子の分泌が減ることによって生えてこなくなってしまう。と言うことなんですね。

そして、このDHTの生成には遺伝が関わってくるんです。

男性ホルモンと5αリダクターゼ

woman-usuge-iden_003

DHT(ジヒドロテストステロン)の生成には、男性ホルモンと5αリダクターゼが必要になります。
5αリダクターゼとは、皮脂腺や毛乳頭から分泌される、悪玉酵素のことで、この5αリダクターゼが男性ホルモンと結合することで、DHTが生成されます。

遺伝が関わってくるのは、この5αリダクターゼ。

男性ホルモン(テストステロン)の分泌量というのは、人によって違うということは滅多にありません。
しかし、5αリダクターゼの分泌量は、遺伝によって大きく変わってくるんです。

ご両親にニキビが酷かった人や、薄毛の方がいらっしゃる場合は、5αリダクターゼの分泌量が多い可能性が高いです。
(DHTは皮脂の分泌量も増やします。)

5αリダクターゼが多く分泌されるということは、もちろんDHTの産出量も上がり、脱毛因子の発生の確立もグンと上がります。

ただし、必ずしも5αリダクターゼの分泌量が多いからと言って抜け毛が促進されるわけではありません。

その理由というのは、ちょっと前にお伝えした、『アンドロゲンレセプター』の感受性なんです。

遺伝の影響はアンドロゲンレセプターの感度に関係している

実は、アンドロゲンレセプターはDHTに必ずしも刺激を与えられる訳ではなく、刺激を受けやすい遺伝子をもつ人が強く受けてしまい、脱毛因子を発生させてしまうんです。

刺激を受けやすい = 感受性が高いと言うことになります。

・5αリダクターゼの分泌量が多い
・アンドロゲンレセプターの感受性が高い

この二つを兼ね備えている方は、女性男性型脱毛症の可能性が極めて高いと言うことになります。

女性型脱毛症以外の全スカや分け目のみの薄毛は遺伝しない?

woman-usuge-iden_005

遺伝的要因ではないと言われている、全スカですが、私は大いにあると思っています。
でも、いくら調べても何が遺伝しているのは、わかりませんでした・・・。

なぜ、私が遺伝的要素があるのかと思うかというと、私の母親・兄が全スカだからなんです。

ちなみに、私の母方のおばあちゃんも全スカです。お父さんやおじいちゃんはフサフサです。
(おじいちゃんは年のせいでちょっと薄くはなってますが・・・)

そして、友達の親子。共に全スカです。
(そこまで酷い薄毛ではないので、恐らく気付いていません。)

たったこれだけしか見ていないので、信憑性には欠けます。
ですが、遺伝的要因の可能性は否定できないと思います。

ただ、遺伝によって何が、どう変化するのかは分かりません。

女性ホルモンの分泌量や5αリダクターゼの分泌量ではなく、発毛因子の分泌量が元々少ないのかもしれませんし、脱毛因子が分泌しやすい体質なのかも知れません。

だから、全スカは原因不明なのかも。

遺伝的要因をしらべるのなら、それこそ研究所に行って人体実験してもらうしか方法はないんでしょうね。

遺伝による女性男性型脱毛症を食い止めるには?

woman-usuge-iden_004
5αリダクターゼによる遺伝に対しては、男性と同じような医薬品による治療になります。
ですが、女性は使用できません。

詳しくは、女性男性型脱毛症のぺージをご参照ください。

そのほかの全スカや分け目の薄毛については、いまだ存在しません。
全スカや分け目の薄毛が確実に遺伝の影響があると立証されていないから、しょうがないです。

なので、遺伝による対策としては、今できることを徹底的にやるしか方法はないと思います。

数打てば当たるというわけではありませんが、原因がわからない以上、本当にあらゆる原因を解決するしか方法はありません。

徹底的にやらなければ薄毛がどんどん進行していってしまうだけです。

全スカでなければ、女性男性型脱毛症の可能性があるので、自分がどの脱毛症か不明な場合は一度検査してみるといいですよ。

どういった対策をすればいいのかも判明するので、悩みの解消にもつながります。

女性男性型脱毛症かどうかは、血液検査やレセプター検査ですぐにわかるので、迷われている方は一度行ってみてはいかかでしょうか。

bnr_hairmedical

成長因子で選ぶのが基本!女性用育毛剤ベスト10

薬用ハリモア

リピート率94.6%を誇る隠れた逸品、育毛剤ハリモア。
25種類もの天然成分を配合し、業界トップクラスの15種類もの添加物の排除を実現。
頭皮に合わなかったときには30日間であれば、全額返金可能。

一見、頭皮に優しいだけのただの無添加育毛剤に思えますが、全くの誤解。

発毛にかかせない「成長因子促進成分」をはじめ、抜け毛の原因である「男性ホルモンの抑制作用」のある成分を配合。
人気育毛剤の殆どが、「抜け毛予防だけ」「発毛促進だけ」の育毛剤。でもハリモアは違います。

「脱毛予防+発毛促進」の2つを兼ね備えたスペシャルな育毛剤だったんです。

合わなかったら返金されるし、定期購入(初回は半額)はいつでも解約OK。

ノーリスクな育毛剤なので、絶対に一度は試しておくべき育毛剤ですね。価格も成分も文句なし!

リジュン

女性用では珍しい「リデンシル」「フルボ酸」「リンゴ果実培養細胞エキス」を配合した育毛剤。

リデンシルには、コラーゲンの産生を促進する作用と毛母細胞の元となる、毛包幹細胞の活性化の作用があります。

毛包幹細胞細胞の活性化は、ミューノアージュに配合されているオクタペプチド-2と同じ作用。

4ヶ月間腐らなかったスイスのリンゴの細胞を培養し、作られたリンゴ果実エキスは頭皮の内部に到達すれば、毛包幹細胞になるという優れもの。

ただ残念なのが、薄毛を治すのに重要な発毛促進因子、FGF-7の分泌を促す成分が配合されていないところ。

でも、十分イイ育毛剤だといえます。

マイナチュレ

安さでNo.1のマイナチュレ育毛剤。
まさかの初回980円ですから、お得感は凄まじいです。さらに、返金保障は太っ腹の180日間。合計で6本まで返金してくれるんです。
中身もなかなかで、配合成分も27種類と豊富。さらには10種類のアミノ酸も配合しています。

ただ、配合成分を見ると「マイナチュレは価格だけなのかな?」と感じてしまうかも。

発毛促進させる成長因子は無く、男性ホルモン抑制成分くらいしか育毛に必須な成分が入っていないんです。

男性ホルモン抑制のみでは、回復はなかなか難しいかと思われます。

 - 女性の為の育毛講座, 育毛の疑問