【写真あり】つむじの薄毛を改善するまでの6年間の経過写真。女性のつむじはげは治ります。

「つむじ研究女」管理人の山中 美保と申します。

現在32歳の既婚の会社員です。

私は20代前半、24歳ころから薄毛でした。

薄毛の進行は非常にゆっくりで、円形脱毛症のように突然一気に抜けたというわけではありません。

つむじ~頭頂部にかけて非常に薄く、そこから全体的にスカスカになっていくようにハゲていきました。

一番ピークだったのは20代後半から30代で、一発で薄毛と分かるくらいに。

他人の目を気にして送る生活はとても辛く、自殺も考えたこともあります。

はじめはつむじ(頭頂部)のみハゲてました。

そこからゆっくりと全体的に薄くなっていき、側頭部や後頭部も薄くなっていったという感じです。

頭頂部あたりは特に細く毛も少なく、髪の毛の密度はかなり低かったです。

酷い「つむじハゲ」がここまで改善しました

2012年から、1年ごとに写真を載せていきます。薄毛を自分で治す為に試したことを覚えている範囲で書いています。

2012年ごろ

リアップリジュンヌ海外製ロゲインを使用していた時期。

薄毛が一番ひどかった時で、一度治ったと思ったらミノキシジルでかぶれて一気に減りました(泣)

毎日鏡見るたびに死にたいと思っていたのもこの時期です。

頭皮のかぶれ、痒み、赤みで皮膚科を受診。結果は脂漏性皮膚炎…
ロゲインによるかぶれ?で皮膚科へ。 この時点ではロゲインが原因のも...

2013年ごろ

マイナチュレを6ヶ月くらい使用しました。

ちょっと毛がフワフワしてきた感触がありましたが、それ以上の変化がなかったので、その6ヶ月でやめてしまいました。

このまま全部ハゲてしまったらどうしよう…」と考え始め、保険のために初めて医療用ウィッグを購入したのもこの頃です。

医療用なので、普通のかつらより高い(2万くらいした)のですが、半端な作りでバレバレになるのは絶対嫌だったので、奮発しました。

ですが結局、生え際の違和感が半端なく、初対面の人にはバレないかもしれませんが知ってる人に会うときには使う勇気がありませんでした…。

特に夏はウィッグの中が暑くてムレるし、汗が内側からたれてくるので「もみあげ付近は湿ってるのにウィッグは湿ってない」みたいな、おかしな状況になるので使うのを断念。

かなり精密に作られてはいるので、使い方によっては重宝すると思い、今はとりあえず大事にしまっています。

2014年ごろ

デルメッドを使用していた時期。

変化はナシ。とりあえず他のも探しながら一応継続。そしてこの頃から食生活を見直し始めました。

といっても、野菜と鶏むねを多めに食べて、間食を減らす程度でしたが。

ちなみにこのとき、薄毛専門クリニック【AACクリニック名古屋】に無料カウンセリングに行きました。いろいろと悩みを聞いてもらい、精神的にすごく楽になりました。

→ヘアメディカルの無料カウンセリング「AACクリニック名古屋」に行ってきた

結果として通うまでには至らなかったのですが(高いので…)、薄毛について疑問に思ってたことを結構聞けたので行って良かったと思ってます。

2015年ごろ

しばらく何の育毛剤か忘れましたがなんか使ってました。途中でミューノアージュに切り替え。あとは週2~3くらいの運動を少しずつはじめました。

この時はまだ、ミューノアージュによる変化はありませんでした。

2016年ごろ

ミューノアージュを使用して1年くらい経ちました。鏡みて毛を触りながら「お?お!ハリ?!コシ?!」って感じで使用前よりも髪が元気になりました。

2017年ごろ

ミューノアージュで少し良い変化があったものの、それ以上の変化はしばらく無く…。

薬もそうですが、ずっと使用していると体が慣れちゃって効かなくなるのかな?と思っていた頃、安くて質の高そうなリジュンという育毛剤を見つけたので、変更。

(ちなみに、この時から育毛サプリメントも開始しました)

2017年09月02日つむじの薄毛の状態。
2017年09月02日の私の薄毛の状態。 現在こんな具合です。蛍光...

2018年3月

髪の根本が太くなり本数もかなり増えた感じです。根本が立ち上がるので、ふんわり感が持続するし雨の日でもあまりペタ~ってしなくなりました。まだちょっと薄いですが、それなりに薄毛を改善できたと思います。

ちなみにリジュンは途中でやめました。反応が良かったミューノアージュに戻しました。

2018年2月の私の薄毛状況公開!ついについについにっ!!!
ちょーーーーーーやばーーーい!! まじ生えてきたっぽーーーい! ...

2018年10月現在

上記の状態を保っていて、増えてる感じはないです。

おそらく、かなりひどいレベルの薄毛だった私は完全にフサフサに戻ることはないと思うので、一応満足しています。

食生活にも気をつけつつ、運動も継続した上で、育毛剤やサプリの使用をこれからも続けて現状維持を頑張ろうと思います。

私が今や手放せない3つのアイテム

  1. 育毛剤 ミューノアージュ
  2. 育毛サプリメント イクモア
  3. 無添加シャンプー haru

1. 育毛剤(ミューノアージュ)

2015年から2016年の間の1年間、使用していたミューノアージュ。

途中で「リジュン」に浮気もしましたが、私にとって一番反応が良かったミューノアージュに戻ってきて、今も使用しています。

2018年10月現在、少し停滞気味ではありますが髪が減っている感じはしないので、次に気になる育毛剤が登場するまでは使い続ける予定です。

ミューノアージュの良いところは、なんと言っても成長因子の分泌をうながす成分が入っていること。

そして、薄毛に悩む女性を現場で何十人も診てきた皮膚科医が監修した育毛剤であること。

正直、育毛剤の中では値段は高い部類に入りますが、私が欲しいのは「安いだけの育毛剤」ではなく「効果が高い育毛剤」だったので、ミューノアージュはしっかりその希望を叶えてくれたと思っています。

→皮膚科医監修のミューノアージュWアプローチヘアはレベルが高かった!!

→ミューノアージュの公式サイト

2. 育毛サプリメント「イクモア」

2017年の後半ごろから、育毛サプリの「イクモア」を飲み始めました。

なので、現時点(2018年10月)で、1年くらい続けていることになります。

育毛の為にも食生活が大切なのは言うまでもないんですが、普通に栄養バランスの良い食事を心がけるだけで良いのは薄毛じゃない人だけです。

私レベルの薄毛の人は、バランスの良い食生活プラス「髪にとって必要な栄養素」をさらに重点的に沢山摂らないと薄毛を治すのは難しいと思うんです…。

そこはやっぱりサプリに頼った方が確実だし、なによりも楽!!

薄毛専用のサプリであるイクモアには、髪の毛の材料になる4つの栄養素「亜鉛」「アミノ酸」「ケラチン」「パントテン酸Ca」がバッチリ入ってます。

この中でも「亜鉛」は食べ物にほとんど含まれていないので、普通の食事から摂取するのが難しいんです。

コレひとつで髪の栄養を補給できる上に嬉しいのが、安くて続けやすいところ。

病院で処方される医療用の薄毛サプリメントに「パントガール」というものがあるんですが、パントガールが1ヶ月分で平均10,000円ほどかかるのに対し、イクモアは3ヶ月分で約13,500円。

1日あたりにも換算するとパントガール333円イクモア150円です。

毎日コンビニで買ってるペットボトルのドリンクをガマンすれば、無理なく続けられる値段で、本当に助かってます。

「育毛剤までは、まだいらないかな…」って人でも、このサプリは飲んでおいて損は無いかなと思います。

→ 女性用育毛サプリメントの選び方と4つのサプリを徹底比較!

→ イクモア公式サイト

3. 低刺激無添加シャンプー「haru」

こちらのharuシャンプーについては、使い始めてまだ日が浅いのですが、今のところ使い心地も良好で目立ったトラブルもないので使い続けています。

2018年の2月から使い始めたので、もう半年経ちました。

育毛成分も入っているシャンプーなのに、化学成分は無添加!!というポイントにひかれて購入しました。

せっかくサプリや育毛剤で髪に栄養を与えていても、髪が生える頭皮が荒れていては意味無いですもんね…。

haruに切り替える前の別のシャンプーでも、特に頭皮へのトラブルは無かったのですが、haruにしてから枝毛・切れ毛やパサツキが多少改善された気がします。

パサツキの何が嫌って、毛先が絡まりやすくなるから色んな所に髪の毛が引っかかって抜けるんですよね…。

haruだと髪が潤ってるというか、しっとりとしたような実感はあるので、髪のパサツキが気になる、かつ無添加が良い方はharuに変えてみても良いかもです。

→ 無添加シャンプーharuってどんなシャンプーか試してみた!7日間使用した感想

→ haru公式サイト

この3種類さえ使えば薄毛は改善するのか?

ただただお金をかけて育毛アイテムを使えばいいわけではないと思います。

私の場合、本当に苦しくて治したくて運動も定期的にやっていましたし、食生活もちゃんと改善する努力をしました。

間食もほぼやめたし(たまにミスド食べる)、糖分・脂質の多い食事は回数をへらすようにしました。

タンパク質とビタミン中心の生活ですね。

つまり自然に糖質制限をやっていたことになるので、ちょっと痩せました!(笑)一石二鳥かな?

週3回以上の運動&筋トレのおかげで血行改善され、育毛効果がUPしたのかもしれませんし、サプリの栄養がスムーズに毛根に届いていたのかもしれません。

やれることは全部やっておく!

それが薄毛改善の近道です。

もちろん、半年~1年は継続することが必須です。

1ヶ月で変化がないからと言ってやめてしまってはもったいないです。髪の毛は1ヶ月に1cm伸びるんです。発毛させるにはもっとかかっていると思います。

自分で出来る範囲で、しっかり継続。

ダイエットなんかより期間が長いですが、ちゃんとやればきっと報われます!

髪の毛は体から作られます。体が超健康体なら、太くてハリツヤのある髪の毛が生えてくると思いませんか?

今の私より薄毛がまだマシな状態の方へ

tsumuji-usui-woman_inori

今すぐ対策を打てば、私のように死を考えるほどにはならないと思います。

薄毛は「早め」が本当に大事です。身を持って知りました。髪の毛を見て「まだ、大丈夫かな?」と思った時点で、やるべきなんです。

実は「ちょっとボリュームなくなってきたかな?」と思ったとき、すでに全盛期の50%が失われているんです。
(確か検証データありました)

その時点で対策すれば、その状態をキープし続けることはできます。

ですので、気になったらすぐに何らかの対策をしてください。

 

最近、電車内で10代20代の若い女性の薄毛が目立ってきているように思えます。

女性の薄毛は年々増加傾向にあり、中でも20代の薄毛女性は急増している模様。

20代のうちにきちんとしたケアを行っていなかった人は、私のように20代後半に差し掛かったところで、一気に薄くなってきます。

私は、女性の薄毛は改善できたとしても、今の1.5倍増くらいにしかならないと考えています。

フサフサで分け目も見えなかったような頃には二度と戻りません。

なぜかと言うと、そういった事例がないんです。

薄毛治療クリニックの医師にも聞きましたが、完全に元通りは不可能とのこと。

大事なことなので何度も言いますが、

「すぐに対処すれば、それ以上減ることはなく、少しですが増やすことは可能です」

かなり減ってからでは遅いです。「薄くなった」と思ったら、とにかくすぐに対処してください。

私と同じような思いをしてほしくないので・・・。

毎日、仕事・恋愛・友達・結婚など色んな事で悩んでいるのに、そこに「髪の毛の悩みの重圧」は計り知れません。

女性は特にそうだと思います。

今後の人生に関わります。男性は気にしないって人もいますし。

本当に、人生をリセットしたくなります。

「あの時、もっと早く対処してればこんなことにはならなかったのに…!!」とならないように、気になったらすぐに対処を。

ミューノアージュの公式サイト