シャンプーのシリコンはなんで悪者なの?実はいい子なシリコンちゃんのお話

シリコンは、さまざまなWEBサイトで、悪者あつかいされています。

理由は簡単で、シリコンが人工成分だから。

「肌につけるものはオーガニックでなければならない!」

企業がこぞってそんなCMを出し、あたかも人工成分=悪のようなイメージを植え付けたのです。

シリコンは本当に悪者なのか?今回はそんなことをしらべてみました。

シリコンが悪者になってしまった背景

シリコンちゃんがなぜこんなに悪者扱いされたのかというと…

テレビCM・口コミによるシリコンは頭皮に悪影響だ!という刷り込み。だったんです。

なぜ、こんな印象操作をするのか?

おそらく、新しいシャンプーを売るためでしょう。

シャンプーの価格をグンと上げ、利益をガッツリのせる。売上を一気にUPさせる方法の一つだったんだと思います。

全てはシャンプーメーカーのシナリオ通り。

シリコンが悪い。香料やアルコール、紫外線吸収剤も悪い。

こうして、天然ではないものを、どんどん悪者扱いにして、オーガニックシャンプーとして、高級に作れば売れる!と開発されたのが、天然由来のアミノ酸洗浄成分配合のシャンプー

「●●種類無添加!」などといったシャンプーですね。

ちなみに、完全オーガニックシャンプーというのはかなり稀。完全100%天然だとむちゃくちゃ高くなってしまいます。

1万円くらいかな?

そんな可哀想なシリコンちゃんですが、いったいどんな悪口を言われて嫌われていったのでしょうか?

シリコンちゃんにまつわる【ウソ】をまとめてみました。

1. シリコンで毛穴がつまる

つまる瞬間をマイクロスコープで生中継してほしいですね。いったいだれが言ったのでしょうか・・・。

シリコンは、そもそも頭皮に吸着するように出来ていません。頭皮についても毛穴を塞ぐことが出来ないのです。

2. シリコン入りシャンプーは髪が重くなる

シリコンは、正式には【シリコーンオイル】と言います。

でもオイルだからといって、ヘアオイルのようにベタつくわけではありません。

さらっとしたタイプのオイルで、しかも大量に入っているわけではないので、オイルのせいで髪がボリュームダウンするわけではありません。

ボリュームダウンは、他にもオイルがたくさん入っているからなのかも。

3. ノンシリコンだと泡立ちが悪い

泡立ちとシリコンは関係ありません。

先程もお伝えしたとおり、シリコンはただのオイルです。洗浄成分ではありません。

ノンシリコンだからというわけではなく、ノンシリコンシャンプーの多くが洗浄力の低い、アミノ酸洗浄成分を配合しています。
洗浄成分が弱いから、泡立ちが悪くなるんです。

シリコンが入ってるといいこと

上記のようなウソは非常に残念ですが、

「じゃあシリコンが入っててなにか良いことあるの?」

「必要ない添加物成分なら配合してなくてもいいんじゃない?」

そんな疑問が生じますよね?

シリコンには、


・すすぎのときに髪の手触りを良くする
・乾かした後もサラサラを持続してくれる働き

を持っています。

髪同士の摩擦を抑えてくれるので、朝のブラッシングがしやすいというメリットもあるんです。

髪のひっかかり防止は、私のような薄毛の人間には必須の成分で、大事な髪の毛がひっかかって抜けるのを防いでくれるんです。

脱毛症のせい抜けてるのに、さらにひっかかりで抜けるとかホント最悪です。

まとめ

シリコンは、悪いものではありあません。

配合されているからといって、毛嫌いせず、自分の頭皮にあっているかどうかでシャンプーは選びましょう。

結局、シャンプーはベタつきタ頭皮や乾燥頭皮など「頭皮のタイプ」によって選ぶべきなんです。

自分にあっていれば、シリコン配合シャンプーでも、頭皮環境を改善させることは可能です。

きちんと選んでいきたいですね。

関連:自分に合うシャンプーと合わないシャンプー