つむじが薄い女性へ!私が薄毛を改善した方法を公開!20代女の薄毛改善ブログ

つむじが薄い20代~30代の女がつむじハゲと頭頂部の薄毛を改善したブログです。

育毛の疑問 頭皮の異常・悩み

頭皮の脂漏性皮膚炎の治療法薬と予防法

投稿日:

ベタつきが臭いなどが気になる脂漏性皮膚炎ですが、生活習慣や食生活などが原因のことも多く、原因を突き止めて体の内側から改善することが有効的です。

しかし、即効性がないため、悪化する前に皮膚科に受診して適切な治療をするのが望ましいと考えられます。

治療薬はケトコナゾール配合のニゾラールローション

脂漏性皮膚炎の治療薬には、ケトコナゾール配合のニゾラールローションが多く用いられます。

ケトコナゾールとはマラセチアの殺菌に効果の高い抗真菌作用がある成分です。

ステロイド剤は炎症やニキビの症状を治す来るしであって、マラセチア菌の増殖を抑えるわけではありません。

脂漏性皮膚炎にはケトコナゾール配合のニゾラールローション、もしくはニゾラールクリームが適切と言えます。

ニゾラールローションには、脂漏性皮膚炎の患者の80%に有効であるという実績があり、長期間継続しても「副作用の心配がほとんどない」「再発率が低い」などといったメリットがあり、定期的な使用で予防も可能です。

塗る頻度については、1日1〜2回の塗布ですが、症状の重さによって違うので医師の指示に従いましょう。

脂漏性皮膚炎の市販の薬は無い。処方薬のみ。


脂漏性皮膚炎を自力でなんとかしようと思い、市販の薬を探してみた人も少なくはないでしょう。

確かに、急を要する症状ではないし、皮膚科に行くのも面倒、何か良い市販薬があればと思いますよね。

市販の薬で対処できる症状は、かゆみのみです。

脂漏性皮膚炎は、かゆみを伴い掻くことで頭皮にダメージを与え悪化させてしまうため、市販の痒み止めを使うのもいいと思います。

しかし、これはあくまでも応急処置になります。

まれに市販薬でかゆみが治らない場合もあり、2週間の使用で改善されない場合は、脂漏性皮膚炎が悪化していたり、他の症状が考えられるので、早めに皮膚科を受診しましょう。

脂漏性皮膚炎はマラセチア菌が原因のため、最終的には抗真菌剤を用いらなくては完治させることはできません。

皮膚科を受診して、ケトコナゾール配合のニゾラールローションなどの原因菌を抑制できる薬を処方してもらいましょう。

今後できないために。脂漏性皮膚炎の予防法

脂漏性皮膚炎を治すことができたら、次に気をつけるべきことは予防することです。

脂漏性皮膚炎は再発する人がとても多く、頻繁に繰り返す人も珍しくありません。

皮膚炎を治療をしながら、生活習慣の見直しをして、頭皮環境を改善することが大切なことです。

頭皮の洗い方やシャンプーについて

頭皮環境を整えられる様にダメージのない弱酸性のアミノ酸系シャンプーを使ったり、洗い流し不足や洗い過ぎにならない様に注意しましょう。

皮脂を気にするあまり二度シャンプーすることや、こすりすぎにも注意しましょう。

基本的に、皮膚を強くこすって良いことはありません。

優しく洗っても皮脂やフケはちゃんと落ちます。

食生活について

糖質や脂質の多く摂取しすぎずに、野菜もしっかりとるなどビタミンB群を十分に摂取して栄養バランスに気をつける様にしましょう。

ストレスによる皮脂の過剰分泌

ストレス皮脂の過剰分泌の原因になります。

自分なりの発散方法を見つけ、ストレスを溜めない様に心がけましょう。

紫外線

帽子や日傘で紫外線を避ける様にしましょう。

また、脂漏性皮膚炎の治療の際に処方されるケトコナゾール配合のニゾラールローションを定期的に塗布することも予防になります。

まとめ

脂漏性皮膚炎は、重症化すると脱毛の恐れがある怖い皮膚炎です。

「最近頭かゆいなぁ」「頭皮ニキビが全然治らない」と思ったらすぐに皮膚科へいき、薬を処方してもらいましょう。

ほぼ100%再発するので、皮脂が過剰に分泌されないように、普段から食生活の見直しや頭皮環境を良くすることを、常に意識したいですね。

私が薄毛を改善できた6年分のリアルレポート☆


▲Before


▲After

完全に回復はしていませんが、2012年から2018年までの経過写真と、改善法をまとめています。なかなか薄毛が治らない女性の参考になれば嬉しく思います。

【写真あり】つむじが薄い女性へ!私がつむじハゲを改善した方法&経過

-育毛の疑問, 頭皮の異常・悩み

Copyright© つむじが薄い女性へ!私が薄毛を改善した方法を公開!20代女の薄毛改善ブログ , 2018 All Rights Reserved.