つむじが薄い女性へ!私の薄毛改善法を公開!20代女薄毛改善ブログ

つむじが薄い20代~30代の女がつむじハゲと頭頂部の薄毛を改善したブログです。

育毛コラム

育毛初心者向け、薄毛対策ってどうすればいい?なにからやればいい?

更新日:

woman-ikumou-taisaku_beginner_001

育毛しようと思ったときに初めに思い浮かぶものといったら・・・ほとんどの人が「育毛シャンプー」と答えるかと思います。

確かに、育毛シャンプーもいいです。スッキリして気持ちいいですね~

しかし、それだけでは改善しません。

初心者がやりがちなのは、その「育毛シャンプー」さえ使っていれば、髪の毛が増えると思って他の対策をやらないこと。

育毛シャンプーの口コミに「全く生えない」「効果ない」とよく書いてありますが・・・そりゃそうでしょ!

育毛シャンプーだけ使っていても、けっきょく薄毛は進行してしまいます。

「育毛」とは1つのことをやるのではなく、考えられるアリとあらゆるものを徹底的にやることなんです。

初めから徹底的にやらないと効果はゼロに等しいでしょう。(育毛歴の長い私の経験上)

育毛する!と決めたら、徹底的にやるべきなんです。

まず初めにやること

woman-ikumou-taisaku_beginner_008

治りやすい環境を作るために、まずは生活習慣の見直しをします。

生活習慣を見直しただけでは、生えませんが、生える環境づくりとして必ずやらないといけません。

土壌の悪い土には良い作物はならないっていいますでしょ?

具体的な生活習慣の改善策

以下の改善策は、髪の毛が生えやすい「環境を整える」だけのものであり、直接的に発毛促進や脱毛抑制にはなりません。

睡眠の質の向上・一定の睡眠時間の確保

woman-ikumou-taisaku_beginner_002

睡眠時間は必ず7時間以上は確保するべきです。髪の毛は成長ホルモンによって促される、成長因子(発毛信号)によって成長します。

成長ホルモンは睡眠中に分泌されるもので、頭皮の状態を保つためや、健康的な体を維持するのにも必要不可欠なものです。

かならず、7時間以上睡眠を。

食生活の見直し

woman-ikumou-taisaku_beginner_003

髪を作るには、ケラチンというタンパク質が必要になります。
ただ、タンパク質を摂取しても、ビタミンB群や亜鉛が足りないと、吸収されにくいんです。
そのためには、タンパク質・ビタミンB群・亜鉛の3つを摂取することが必須となります。

●ケラチンを作るために必要な栄養素が多く含まれている身近な食材
<タンパク質>
卵・魚・ナッツ類・乳製品・鶏肉・豚肉・牛肉など。脂肪分は極力カットする。

<亜鉛>

海藻類・ひじき・牡蠣・貝類・イカ・タコ

<ビタミンB群>

レバー・緑黄色野菜など。ビタミンB群に関しては、ほとんどの食材に含まれているので、そこまで気にしなくてもいいかもしれないです。意外とカップ麺にも多く含まれています。

そのほかの方法として、ビタミン剤で足りない栄養素を補ってもいいと思います。

適度な運動

運動と髪の毛は意外と関係なさそうに思われがちですが、大いに関係あるんです。

運動すると、血流UP・細胞の活性化などといった効果があり、血流がUPは、髪の毛への栄養供給量UP、細胞の活性化は毛母細胞の分裂促進にもつながります。毛母細胞が分裂し続けることによって髪の毛は伸びていくので、細胞活性化は育毛するには必須です。

肩こり・首こりの改善

woman-ikumou-taisaku_beginner_004

肩こりや首こりは頭皮の血行不良の原因の一つ。

首から耳の裏や側頭部にかけて、頭皮へ血液が流れるのですが、肩や首で血液が滞っていたら、頭皮へも滞ってしまいます。

肩こりや首こりは、完治しないものですが、定期的なマッサージや、気づいたら姿勢を正すように心がければ、多少は改善されます。

自分にあった方法で肩こりや首こりは緩和させましょう。

禁煙

woman-ikumou-taisaku_beginner_006

育毛するならやめましょう。
「たばこ吸ってるのに薄毛じゃない人もいるんだから関係なくない?」と思われがちですが、その人は薄毛になりにくい体質なだけです。薄毛は遺伝も関係していますので。
薄毛の人にとって、たばこは害でしかありません。

頭皮マッサージしてるのに、煙草を吸っていたら、血行不良になるので無意味です。

煙草は慢性的な血行不良になるので、絶対にやめるべきです。

シャンプーはなんでもいいんです

私はシャンプーはなんでもいい派です。

育毛剤が浸透しやすくするために、洗浄力の高い毛穴すっきりシャンプー的なものを使用すると、合わない人だと頭皮環境を悪くする場合があります。
敏感肌というかたは、そういった毛穴すっきりタイプではなく、低刺激の頭皮に優しいシャンプーが一番好ましいと考えられます。

自分に合ったものってなんだろう?・・・と悩みますが、口コミでは絶対にわかりません。

頭皮に優しそうなシャンプーでも、かぶれる可能性はゼロではありません。

費用は掛かるかもしれませんが、いろんなシャンプーと試すしか方法はないかと思います。

自分に合った育毛剤の使用

生活習慣の改善だけでは、薄毛を改善させることは難しいと思います。そこでプラスアルファとして育毛剤を使用するんですね。

もちろん、育毛剤だけを使用しても薄毛は改善できないでしょう。

生活習慣を改善してから、使うことで育毛剤の効果をより発揮しやすくするんですね。

もちろん、育毛剤は使ってみないとわからないので、返金保証のあるもので試めすのがベストかもしれませんね。

毎日頭皮の状態をチェックすること!

woman-ikumou-taisaku_beginner_005

一番望ましいのは、マイクロスコープで毎日頭皮の状態を観察すること。

炎症は起きてないか?髪の毛が太くなってきてないか?発毛はないか?などマイクロスコープなら確実に見れます。


▲マイクロスコープ

また、抜け毛の量も週に1回くらいはチェックした方がいいですね。

効果があるのかないのかは、抜け毛の量髪の根本の太さ毛根の大きさなどで測るしかありません。

なので、少なくとも週1回くらいは絶対に調べるべきです。

抜け毛の量は、朝起きてすぐのブラッシング時で見ると判断しやすいですよ。

以上。これだけをまずは3ヶ月。

抜け毛が減ってきているなら、そのままさらに3ヶ月。やり方が自分に合っているなら、少しは変化がみられるはずです。

半年経っても変化がない、または悪化した場合

半年たっても、「まったくもって抜け毛の量が減らない」、または「どんどん増えている」「頭皮がずっと赤いまま」といった状況の場合、おそらく生活習慣の改善・育毛剤だけでは手に負えないほど、重度な薄毛なんだと考えられます。

もしかすると、何か病気の可能性があるので、薄毛治療クリニックに一度相談すべきでしょう。

費用は検査のみなら数千円~1万円程度。薬も処方となると、毎月数万円とかなり高額になりますが、それしか方法はありません。

悩んでいる間に、薄毛はどんどん進行していきます。一刻も早く薄毛クリニックを受診してください。

抜け毛が減った。少し良くなったという場合

油断せず、その生活を続けましょう。

おそらく、その生活で抜け毛が抑えられているので、それを以前の状態に戻してしまったら、また抜け毛が増える可能性があります。

その状態をキープするには、それしか方法はありません。

下手に育毛剤を変えたり、シャンプーを変えたりするのはやめるべきでしょう。

それがご自身にあっているんだと思います。

とにかく人生に一度くらいは徹底的に育毛をしてみるべきなんです!!!

woman-ikumou-taisaku_beginner_007

ほんとコレです。

徹底的に。

「時間がない」とか「めんどくさい」じゃないんです。

時間は作るものです。生活習慣なんて、時間のかかるものではありません。ちょっと気にするだけでいいんです。

抜け毛の量を計測するのも数分です。

運動は週に3~4日、30分くらい歩くかジョギングかを行えばいいんです。

1日のうちのたった30分。

それをメンドクサイと言って、何も対策せず、1年後に私のような重度の薄毛になりたいですか?

私は育毛するのが、かなり遅かったので、おそらく満足のいくほど回復はしないと思います。

ただ、これ以上の進行は確実に止めていますし、髪の毛も太くなっているので、昔より、かなり回復しました。

たった、数分です。頑張って、育毛しましょ。

私が薄毛を改善できた6年分のリアルレポート☆


▲Before


▲After

顔出しはしていませんが、2012年から2018年までの経過写真と、改善法をまとめています。なかなか薄毛が治らない女性の参考になれば嬉しく思います。

【写真あり】つむじが薄い女性へ!私がつむじハゲを改善した方法&経過

-育毛コラム

Copyright© つむじが薄い女性へ!私の薄毛改善法を公開!20代女薄毛改善ブログ , 2018 All Rights Reserved.